痛風予防には食事制限が重要 | 尿酸値が気になる時に便利な方法

痛風予防には食事制限が重要 | 尿酸値が気になる時に便利な方法

痛風予防には食事制限が重要 | 尿酸値が気になる時に便利な方法

痛風の予防といえば、「プリン体の制限」を真っ先に思い浮かべる方も多いと思います。しかし、近年では、摂取カロリー量を抑えることがより重要視されるようになってきており、以前ほどプリン体について厳しく言われることは少なくなってきています。

今回は、そうしたカロリー制限に便利な食事についてご紹介します。

痛風・高尿酸血症と食事制限

突然やってくる痛風による激痛は、骨折以上の痛みともいわれ、尿酸値が高い状態(高尿酸血症)が続くことによって起こります。痛風の痛みは1~2週間で治まりますが、放置していると再発し、徐々に悪化していきます。また、尿酸値が高い状態が続くと、腎臓の障害尿路結石等を引き起こす原因となるため、早期に対策をとることが大切です。

尿酸値が高い状態によって起こる病気

以前は、レバーやカツオといった「プリン体の多い食品」ばかりが悪者にされる傾向にありましたが、最近では、第一にカロリー制限についての指導を受けることが増えています。これは、食べ物のプリン体から生成される尿酸は全体の3分の1程度であり、代謝などによって体内で生成される量に比べて少ないためです。

また、高尿酸血症はメタボリックシンドロームとも関連が深く、カロリー制限と同時に、禁酒や適度な運動などの指導を受けて、治療に取り組むこととなります。

食事制限の問題点

食事制限においては、脂っこい食べ物を控えたり、食事の量を減らすなどして、過度なカロリー摂取を控えることが基本となります。低カロリーで、尿酸を体外へ排出する効果のある野菜やキノコ類などを積極的にとるようにすると良いでしょう。

食事制限の問題点としては、継続するのが難しいということがあげられます。「良い献立が分からない」「料理を作るのが大変」「カロリー制限をした食事は美味しくない」などの理由で、食事制限で苦しい思いをする人が多いようです。

サプリメントによる痛風対策

宅配食を利用した食事制限

食事制限が続けられない場合に便利な方法として、宅配食の利用があります。

痛風・高尿酸血症の食事制限に便利な宅配弁当


食事制限では「ウェルネスダイニング」というサービスが有名です。管理栄養士がカロリー・栄養バランスを考えて献立を作っており、毎回違うメニューを配送してくれます。


痛風を予防する食事制限に便利な宅配弁当(到着時)

尿酸値を下げる食事制限に便利な宅配弁当(冷凍保存痔)

料理は冷凍された状態でまとめて宅配され、長期間の保存が可能です。(上記写真の例だと9か月程度)。

また、必要な時に電子レンジで温めるだけで食べられる手軽さもメリットです。


痛風・高尿酸血症予防の宅配弁当の成分表

塩分を抑えている割に味付けは意外としっかりしており、全体的に非常においしいです。ただし、白米が付属しませんので、別途用意する必要があります。


毎回違うメニューが届くので、飽きることなく続けることができます。

痛風予防の宅配食(豚肉の味噌煮込み弁当)(例)豚肉の味噌煮込み弁当


痛風予防の宅配食(鮭の醤油幽庵焼き)(例)鮭の醤油幽庵焼き弁当


高尿酸血症予防の宅配食(豚肉のマヨネーズ炒め)(例)豚肉のマヨネーズ炒め弁当

宅配弁当の申込み方法

宅配弁当がおすすめな人

宅配弁当がおすすめなのは以下のような人です。

  • 自炊が負担に感じ、食事制限が続かない人
  • 食事制限の方法や献立の作り方が分からない人
  • カロリーを抑えつつ栄養バランスのとれた食事をとりたい人
  • 味に飽きずに食事制限を続けたい人
  • 食事制限を継続して行うのはなかなか大変なことですが、高尿酸血症の治療の最も基本的な部分でもあります。自炊で続けられない場合には宅配弁当等のサービスも検討しつつ、禁酒や適度な運動等と併せて取り組んでいきましょう。

    宅配弁当の注文方法

    ウェルネスダイニングの宅配弁当を申し込む場合は、下記の公式サイトからの注文になります。初回限定で送料無料のお試しセットがあるので、まずは7食程度から試してみることをおすすめします。

    高尿酸血症は自覚症状がないため、放置していると気が付かないうちに深刻な状態へと進行していきます。尿酸値が高い場合には、早めの対策を心がけるようにしましょう。

    ウェルネスダイニング