サプリメントで薬を飲まない痛風・尿酸値対策

サプリメントで薬を飲まない痛風・尿酸値対策

サプリメントで薬を飲まない痛風・尿酸値対策

痛風対策を行うには「尿酸値を下げる」ということが必須となります。

しかし、症状が軽かったり、痛風発作が起きるほどではない場合は、薬を飲み続けるのは身体への負担という意味では不安が残りますね。

今回は、副作用の少ない「サプリメント」での痛風対策についてご紹介します。

薬は必須?

痛風・高尿酸血症対策として、薬を服用することは絶対条件なのでしょうか? 通常、病院に行くと、尿酸値の値が基準の7.0mg/dlを越える場合は高尿酸血症とされ、痛風のリスクが高まるため、薬を併用した治療を行います。

しかし、薬を飲まないと対策はできないということはありません。尿酸値を下げるためには、食生活の改善も出来ますし、適度な運動を行うことで改善に取り組むことも出来るのです。特に、尿酸値が比較的低い水準に落ち着いている場合には、薬を飲まない方法で経過をみるのが一般的です。

サプリメントで薬を飲まない痛風対策

薬の副作用

尿酸値が高い場合は薬を飲むことになりますが、やはり気になるのは副作用です。全ての人に副作用が出るわけではありませんが、だるさや腹痛、吐き気、食欲不振という症状が出る方も少なからずいます。

そういった面でも、痛風・尿酸値対策としてサプリメントを取り入れることが注目されています。サプリメントは食品などから作られているものが多く、副作用の心配が少ないというメリットが注目されています。

サプリメントの特徴

最近では、様々な種類・目的で販売されているサプリメントですが、尿酸値が気になる人の中にも取り入れている人は多くいます。

薬と違い、尿酸値を下げる直接的な効果を狙うというよりは、サプリメントに含有されている栄養素が持つ作用を上手く取り入れていくのが特徴です。

そのため、含まれる成分をしっかりと確認し、その成分の働きを理解した上で取り入れることが大切です。

痛風の主な原因と対策サプリメント
痛風の主な原因と対策サプリメント
痛風対策サプリメントには様々な種類がありますが、中でも人気なのが「白井田七」です。 ここでは、痛風の主な原因と代表的なサプリメントについてまとめま...

チェックしたい成分

痛風・尿酸値対策サプリメントの成分

具体的にどのような成分が良いとされているのかをいくつかご紹介します。

サポニン

サポニンは体内の老廃物を除去し、尿酸を排出を促進する効果があります。

アンセリン

マグロなどの魚の筋肉に含まれるアミノ酸成分ですが、尿酸が体内で作られるのを抑制し、体外への尿酸の排出を手助けをする働きがあるとされています。

キトサン

「キトサン」は、動物性の食物繊維でエビやカニなどの甲殻の主成分です。体内に吸収された核酸の吸収を阻害することで、核酸が代謝された際に生まれる尿酸が生まれにくくする働きを持っています。

葉酸

「葉酸」は「ビタミンM」とも呼ばれます。妊婦が多く摂取するイメージがありますが、近年の研究によりプリン体が気になる人のケアでも広く親しまれています。

ケルセチン

玉ねぎに多く含まれる「ケルセチン」は、尿酸を排出する効果を持っており、痛風予防に注目されている成分です。

その他にも、サプリメントによって様々な成分が含まれているので、購入する際には事前によく確認するようにしましょう。

痛風対策サプリメント

今回はサプリメントによる「薬を飲まない痛風・高尿酸血症対策」についてご紹介しました。

天然由来の成分の中にも尿酸値の悩みをサポートしてくれるものがいくつもあるため、手軽に副作用の心配なくとれるサプリメントの利用は今後も増えていくでしょう。