レバー・砂肝・ハツ・牛タンのプリン体 | 内臓肉(もつ)と痛風

レバー・砂肝・ハツ・牛タンのプリン体 | 内臓肉(もつ)と痛風

レバー・砂肝・ハツ・牛タンのプリン体 | 内臓肉(もつ)と痛風

痛風発作には、生活習慣が大きく関係しています。運動不足で、高カロリー・高プリン体の食事をとりながら、よくお酒を飲むというのが、典型的な痛風になりやすい生活バターンです。

特に、レバーやもつ(内臓肉)等の食品には、プリン体が多く含まれていることが知られています。今回は、レバー・砂肝・ハツ、牛タンといった肉類のプリン体について考えてみましょう。

痛風とプリン体

痛風になる原因は、血液中の尿酸値が高い「高尿酸血症」です。尿酸は、細胞の核に含まれるプリン体が分解してできる老廃物で、その量が過剰に増加したり、体外への排出量が減少した場合に尿酸値が上昇することになります。

尿酸が増える原因のひとつに、食事で摂取するプリン体があります。プリン体は体内で生成される量の方が多いので、食事で摂るプリン体の影響はそれほど大きくありません。けれども、プリン体を多く含む食品を食べ過ぎると、やはり尿酸値の上昇につながります。そこで、痛風や高尿酸血症の人は、食事で摂るプリン体が1日に400mgを超えないようにするのが目安とされています。

レバー・砂肝・ハツ・牛タン等のプリン体と痛風

内臓などのプリン体

プリン体が多く含まれていることで知られている肉類の内臓(もつ)ですが、実際にどのくらいのプリン体が含まれているのでしょうか。

以下は、100g中に含まれるプリン体の含有量です。

  • 鶏レバー    312.2 mg/100g
  • 豚レバー    284.8mg/100g
  • 牛レバー    219.8 mg/100g
  • 砂肝      142.9 mg/100g
  • 牛ハツ     185.0 mg/100g
  • 豚ハツ     119.2 mg/100g
  • 豚マメ     195.0 mg/100g
  • 牛マメ     174.2 mg/100g
  • 牛タン     90.4 mg/100g
  • 牛ルーメン   83.9 mg/100g

※ ハツ=心臓、マメ=腎臓、ルーメン=第1胃、砂肝=砂嚢

出典:http://www.tufu.or.jp/pdf/purine_food.pdf


このデータから、レバーは総じてプリン体含有量が200mg/100gより多い、「高プリン体食品」だと分かります。レバーは身体に良いといわれることが多い食材ですが、食べ過ぎには注意しましょう。

続いて、豚マメ、牛ハツ、牛マメもほぼ「高プリン体食品」に匹敵するプリン体含有量です。コリコリした食感の砂肝も、比較的プリン体が多めです。

レバー・砂肝・ハツ・牛タン等の内臓肉のプリン体

もつ料理として代表的な「もつ鍋」にはプリン体の多い食品が数種類入り、煮込むことで汁にもプリン体が大量に溶け出しています。痛風・高尿酸血症の患者は、食べる頻度や量を抑えたり、汁は飲まないようにするなどプリン体の過剰摂取に注意するようにしましょう。

牛タンと豚ハツ、牛ルーメンは、プリン体が少なめの食品です。これなら、100〜150g食べても大丈夫です。焼肉でレバーを食べていた人は、牛タンなどプリン体が少なめの種類の肉に替えるのがおすすめです。

まとめ

今回は、レバー・砂肝・ハツ・牛タンのといった肉類のプリン体についてご紹介しました。

肉類の内臓は、独特の旨み成分があり、ビタミンやミネラルなどの栄養も豊富で廉価なので、庶民の味方といえます。けれども、やはりプリン体含有量が高い部位も多いため、痛風の人は注意が必要な食品でもあります。

牛タン、豚ハツ、牛ルーメンなどプリン体が低めの部位もあるので、そういったものを上手に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。