痛風で痛いのは足の指以外も | かかと・足首・足の甲・くるぶし等

痛風で痛いのは足の指以外も | かかと・足首・足の甲・くるぶし等

痛風で痛いのは足の指以外も | かかと・足首・足の甲・くるぶし等

働き盛りの男性がかかりやすく、激しい痛みで有名な痛風。ある日突然激痛が走り、腫れ上がり、屈強な男性でも涙が出るほどの痛みを伴います。

痛風は「足の指が痛む病気」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?確かに、「足の親指の付け根が痛い」という初期症状は、痛風全体の約70%にのぼり、最も多い発症箇所です。

けれども、それ以外にも痛風の発作が起きる箇所は体のあちこちにあります。今回は、足の指以外で痛風発作の起こりやすい箇所についてまとめます。

痛風が起きやすいのはどんな場所?

血液中には尿酸とナトリウムが結びついた尿酸塩が存在しています。通常の濃度で尿酸塩が個体になることはありませんが、血液中の尿酸濃度が高くなると、それぞれが結びついて尿酸塩結晶という固体になります。それが、たまりやすい関節部などに少しずつ蓄積していきます。

そして、何かのきっかけで蓄積した尿酸塩結晶が血液中に剥がれ落ちた時、それを異物と認識した白血球が尿酸塩結晶を排除しようとして激しい痛みが起きるのが、痛風発作です。

痛風発作が起きやすい場所(かかと・足首・足の甲・くるぶし)

したがって痛風が起きるのは、尿酸塩結晶が蓄積しやすい場所ということになります。尿酸塩結晶は、次のような場所で蓄積しやすい特徴があります。

  • 体温が低くなりやすい場所(足先や手先、足首など)
  • よく動かしたり、負担のかかりやすいひざや指の関節
  • 血流が弱いひざから下の関節(ひざ、足の指、足の甲、かかと、くるぶしなど)
  • 筋肉が少ない場所(足の甲、かかと、くるぶし、足首など)

以上のような場所で痛風発作は起きやすく、痛風全体の90%以上が膝から下の関節で起きています。

また、全体の10%以下と少ないながらも、手首、手の指、肘などで発症することがあることにも留意しましょう。

痛風が起きるのは一箇所だけ?

最初の発作はほぼ一箇所だけといっていいのですが、治療を怠り発作が度重なるうちに、足の指だけではなく、足の甲やくるぶしも痛んだり、足首やかかとも同時に痛むということが出てきます。

また、片側だけではなく左右両方にも出てくることがあります。これは、時間の経過とともに、尿酸塩結晶が体のあちこちに蓄積されていくためと考えられています。

かかと・足首・足の甲・くるぶし等の痛風発作

足の指や足の甲が痛い場合は、足の外側やかかとを使ってなんとか歩くことができます。けれども、くるぶしやかかと、足首などが痛い場合は、足を地面につくことが苦痛になってしまうため、歩行がほとんどできなくなってしまいます。頼んだタクシーに乗り込むために、四つん這いで家から出たという辛い体験談もあるほどです。

そのような状態になってしまわないよう、早めに対策をとるようにしましょう。

早めの対策が第一

尿酸塩結晶を顕微鏡で見ると、カットガラスのようにキラキラと綺麗ですが、先端が尖っていていかにも刺さると痛そうな形です。

血液検査で尿酸値が7.0mg/dlより高い値が出た場合は、高尿酸血症の入り口です。放置していると悪化して痛風の症状がでるかもしれないと考え、早めに尿酸値を下げるための対策をとっておくことが大切です。

食事の見直し、アルコールの節制、適度な運動などで体質改善をはかり、尿酸値を下げていきましょう。それらを実行することは、痛風を未然に防ぐばかりではなく、高尿酸血症患者に併発することの多い生活習慣病の予防にもなり、一石二鳥です。