痛風発作時の痛み止めの薬 | 痛みを抑える薬の種類と選び方


痛風発作時の痛み止めの薬 | 痛みを抑える薬の種類と選び方

痛風発作時の痛み止めの薬 | 痛みを抑える薬の種類と選び方

痛風発作の痛みは非常に激しく、日常生活に支障をきたすため、痛み止め薬を服用する方が多くいます。

今回は、痛風発作の痛み止めの薬についてご紹介します。

非ステロイド系消炎剤

痛み止めの薬は、主に非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が使われます。炎症を抑えて痛みを軽減させる効果があります。

繰り返し使用することで胃が荒れることがありますが、基本的に副作用が少ないとされる薬剤です。

座薬

痛風発作の痛みを抑えるために処方される薬の中には、飲み薬だけでなく座薬が使われることもあります。

肛門から座薬を入れ、肛門の粘膜にある静脈を通じて薬効成分が吸収されるため、胃の中に薬が入らず胃が荒れる心配がありません。

座薬は非ステロイド系消炎剤の一種であるジクロフェナクを主成分に持つ「ボルタレン」などが多く使われます。

ボルタレン

非ステロイド系消炎剤としてよく使われるボルタレンは、座薬や錠剤、貼り薬など様々なタイプがあります。

副作用は強くないものの、胃の不快感やめまい、むくみ、食欲不振、嘔吐、湿疹を引き起こすことがあります。肝臓・腎臓・心臓に基礎疾患などがある場合は、それを悪化させる可能性があるため、服用前に医師や薬剤師に相談した方がよいでしょう。

ボルタレン以外の非ステロイド系消炎剤

非ステロイド系消炎剤は、ボルタレンの他にも下記のような多くの種類があり、解熱や鎮痛、炎症を抑える抗炎症薬としての働きを持っています。

  • ジクロフェナクナトリウム
  • ロキソプロフェン
  • ザルトプロフェン
  • プラノプロフェン
  • インドメタシン
  • スリンダク
  • ナプロキセン
  • オキサプロジン

痛風発作が頻発する時

非ステロイド系消炎剤で改善がみられない場合には、ステロイド剤を痛み止めとして使用します。これは内服薬として使用する他、関節内に直接注射をする場合もあります。

よく使用されるのは「プレドニン」という薬になりますが、副作用が出やすく、発熱やうつ症状、吐き気、のどの痛みなどを引き起こすことがあるため注意が必要です。

痛風発作時に飲む市販薬

痛風発作時の市販の痛み止め薬

病院で処方される薬だけでなく、薬局などでも痛風発作に効く市販薬を購入できます。ただ、種類が多いだけに何を基準に選べばいいのか悩むところです。

もっともポピュラーなのが「ロキソニンS」でしょう。ロキソニンは病院などでも使用されています。

ロキソニンが入手できない場合には、イブプロフェンを含む鎮痛薬「イブA錠」などを選ぶのが無難です。

市販の薬で避けるべき薬

市販の痛み止めの中には、痛風発作時に使用すると、逆に痛みを増長してしまうものもあるため注意が必要です。

「ケロリン」、「バファリン」、「エキセドリンA」といった薬は、アスピリン(アセチルサリチル酸)を含んでおり、尿酸の結晶化の促進や尿酸値の上昇を招いて、痛みを増してしまう場合があります。

薬を選ぶ際には、痛みの度合いや副作用などをよく勘案した上で選択することが大切です。また、薬で痛みがひいても痛風が治ったわけではありませんので、早めに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。