痛風の原因 | 尿酸値が高くなる原因と生活習慣

痛風の原因 | 尿酸値が高くなる原因と生活習慣

痛風の原因 | 尿酸値が高くなる原因と生活習慣

痛風は今や国民病といっても過言ではないほどポピュラーになりつつある病気ですが、痛風の予防にはしっかりと原因を理解して、それを排除することが重要です。

今回は、痛風の原因についてご紹介します。

痛風と尿酸値

まず、痛風を引き起こす原因となる物質は「尿酸」です。

実は尿酸自体は、生まれつき私たちの身体に存在する物質です。通常は、血液をはじめとする体液を通し体内を循環し、尿や汗、便と一緒に排出されます。

基本的に、体内の尿酸の量は一定に保たれていますが、それが必要以上に増えすぎると血清尿酸値が高くなる「高尿酸血症」と呼ばれる状態になります。そして、この状態が長期間続くと、痛風にかかるリスクは高まっていきます。

尿酸値が高くなる原因

毎日私たちの身体の中で作られている尿酸ですが、必要以上に増えてしまう原因として真っ先にあげられるのが「食事」です。

痛風と尿酸値が高くなる原因
尿酸を増やしてしまうとされる食べ物は、「プリン体」が多く含まれている食材です。例えば、鶏レバーカツオ、あん肝などが挙げられます。

もう一つ、尿酸値が高くなる原因とされるのが「アルコール」です。アルコール自体に尿酸値を上昇させる働きがありますが、特にビールにはプリン体も多く含まれているおり、飲み過ぎには注意が必要です。

ストレス

次に、昨今痛風にかかる人が増えてきている原因として見逃すことができないのが、「ストレス」です。ストレスは、痛風の原因である暴飲暴食を誘発する要因にもなります。

ストレスが溜まっていると、それを解消させる手段としてビールなどのアルコールや高カロリー食べ物など、暴飲暴食をしてしまう人は少なくありません。痛風患者には肥満気味の人が多い傾向があり、飲食量が増えれば当然プリン体の摂取量も増加しますので、注意が必要です。

痛風や尿酸値が高くなる原因とストレス

また、ストレス自体も尿酸を増やす大きな原因となります。

毎日の生活の中でストレスが強くなると、自律神経に異常をきたしてきます。通常、交感神経と副交感神経がバランスよく切り替わっていくものですが、ストレスを受け続けると緊張状態(交感神経が優位の状態)が長くなります。

そうなると常に活動モードとなっている身体はエネルギーを多く消費し、同時に作りだされる尿酸も増えてしまいます。加えて、その尿酸が体外に排出されにくくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

運動不足

最後にご紹介する痛風の原因は運動不足です。

運動を行う機会がなく、日々仕事などに忙しくしている人は多いと思いますが、「運動不足」は尿酸値が高くなる原因になります。

有酸素運動を継続することで、尿酸値を下げる効果がありますので、適度なウオーキングなどをして身体を動かす機会を持つことが大切です。

反対に、負荷の強いトレーニングは、尿酸の原因となる乳酸を増やしてしまう原因になるため注意が必要です。

まとめ

今回は、尿酸値が高くなる原因として、「食生活」「ストレス」「運動不足」についてご紹介しました。

日々の生活習慣の中でこれらを見直し、痛風の予防に役立てていきましょう。