痛風の原因と合併症 | 高尿酸血症の人が発症しやすい病気

痛風の原因と合併症 | 高尿酸血症の人が発症しやすい病気

痛風の原因と合併症 | 高尿酸血症の人が発症しやすい病気

痛風は、「風が吹くだけでも痛い」といわれるほどの激痛で有名な病気です。厚労省の調査によると、1986年の全国の痛風患者は25.4万人でしたが、2013年には106.3万人と4倍以上に増えており、現在も増え続けているとみられています。

今回は、身近な病気になりつつある痛風の原因と、高尿酸血症の合併症についてまとめます。

痛風の原因

痛風を発症するのは、血液中の尿酸値が高い「高尿酸血症」という状態が続いている場合です。尿酸自体は体にとってなくてはならない物質であり、通常、血液中の尿酸は適切な量にコントロールされています。しかし、様々な原因で体内の尿酸量が増加し、尿酸値が7.0mg/dlを超えると高尿酸血症とみなされます。

痛風・高尿酸血症の原因と合併症

血液検査で高尿酸血症と診断されても、大抵の場合は自覚症状はありません。けれども尿酸値が高い状態を放置していると、結晶化した尿酸(尿酸塩結晶)が関節や尿路などに溜まっていきます。そして、ある日突然、関節にたまった尿酸の結晶が炎症を引き起こして激痛をもたらすのが「痛風」です。

国内においては、高尿酸血症と痛風の患者は90%以上が男性です。また、以前は40〜50代の中高年男性に多いとされていましたが、現在、最も患者数が多いのは30代の男性となっています。

高尿酸血症の原因

高尿酸血症の9割以上が、はっきりした原因を特定できない原発性(一次性)高尿酸血症です。原発性高尿酸血症は主に、食べ過ぎや飲酒、運動不足による肥満、ストレスなどが尿酸値を上昇させる要因になっていることが分かっています。

これらは、メタボリックシンドロームの原因と重なっています。メタボリックとは「代謝」という意味の英語です。メタボリックシンドロームとは、糖質や脂質が正常に代謝されないことによって内臓の周りに脂肪が溜まり、さまざまな病気にかかりやすくなる状態をいいます。実際に、痛風患者には高血圧や高脂血症(脂質異常症)等を併発する人が多く、メタボリックシンドロームとの関連性が指摘されています。

腎障害と痛風腎

痛風の人に最も多い合併症が、腎疾患です。腎臓には体内の尿酸が集められ、糸球体という組織で濾過されています。血液中の尿酸濃度が高まると尿酸塩結晶ができやすくなり、腎臓の組織に沈着して炎症を起こし、腎機能を低下させていきます。

痛風・高尿酸血症の合併症(痛風腎・慢性腎臓病)

このような状態を痛風腎といい、腎臓の働きが60%以下に低下すると慢性腎臓病と診断されます。高尿酸血症の状態が数年続き、たまたま痛風の症状が出なかったために治療を怠ってしまい、腎障害がいつのまにか取り返しのつかないほど進行することもあります。

また、腎機能が低下することで、高血圧や動脈硬化、脳や心臓の血管障害にかかりやすい状態になります。

尿路結石

尿路結石とは、腎臓や尿管などにできる結石です。主な症状は、夜間・早朝に、突然背中から脇腹にかけて激痛が生じるというものです。腎盂腎炎(じんうじんえん)を発症して高熱を出したり、膀胱を刺激して頻尿や残尿感を生じたり、結石が尿管を傷つけて血尿になることもあります。

日本では痛風患者の10%〜20%が尿路結石を発症しています。高尿酸血症になると尿の中に尿酸の結晶ができ、それが核となって結石ができやすくなります。

怖いメタボリックドミノ

高尿酸血症の原因がメタボリックシンドロームと重なることから、痛風の人はメタボリックシンドロームの代表的な疾病である高血圧症、脂質異常症、糖尿病にかかりやすいことになります。これらはいずれも、高脂肪食、高塩分食、高甘味食、運動不足、ストレスの多い不規則な生活など、普段の生活習慣に原因が求められます。

痛風・高尿酸血症とメタボリックシンドロームの関係

メタボリックドミノ”という言葉があります。高尿酸血症や高血圧、脂質異常、糖尿病のそれぞれの症状は軽くても、それらが合併すると急速に進行して止まらなくなってしまうことをいいます。同時に、動脈硬化が進行することにより、命に関わる心疾患や脳血管障害にもかかりやすい状態になるため、注意が必要です。

尿酸値に注目してメタボ予防

今、高尿酸血症の患者数は30代がピークになっています。高血圧、脂質異常症、糖尿病等の病気と比べて若いことに着目し、高尿酸血症をメタボリックシンドロームのマーカーとして捉える動きがあります。

具体的には、男性は30代から毎年健康診断で尿酸値を測定し、もし7.0mg/dlの基準値を超えるようであれば生活習慣を見直し、尿酸値を改善するとともにメタボリックシンドロームを予防することが推奨されています。(ただし、この考えは男性にはあてはまるものの、女性はホルモンの影響で尿酸値が上がりにくいため当てはまりません。)

早めの対策を

今回は、痛風の原因と、高尿酸血症の人が発症しやすい合併症についてご紹介しました。

高尿酸血症自体には明確な自覚症状がないため、気が付かないまま進行していってしまうケースが多くみられます。定期的な検査を行うとともに、食生活等の乱れに自覚がある場合には、早期の対策を心がけるようにしましょう。