アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果 | 痛風に良い飲み物

アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果 | 痛風に良い飲み物

アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果 | 痛風に良い飲み物

ある日突然、耐え難い激痛に襲われる痛風。血液検査で尿酸値が高く、高尿酸血症と診断された方は、痛風や合併症の予防のため尿酸値を下げる努力が必要です。

今回は、アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果と、痛風に良い飲み物についてまとめます。

飲み物で尿酸値を下げるには

尿酸値を下げるためには、食事の改善とともに、水分摂取の工夫をすることが大切です。

水分補給量を増やす

水分摂取で尿酸値を下げる方法のひとつは、多めに水分補給をすることです。尿量を増やすことで尿酸をより多く排出し、尿酸値を下げることができます。一般に、成人は1日に1ℓ〜1.5ℓの尿を排泄します。それに対して痛風や高尿酸血症の方は、1日2ℓの尿量を排出したいので、より多くの水分を補給する必要があります。

1日2ℓは大変と思うかもしれませんが、起きがけにコップ一杯の水を飲んだり、飲み物をこまめに飲む習慣をつけることで、割と簡単に達成できます。コツは、1度にたくさんの水分を飲むのではなく、頻繁に少しずつ飲むことです。

水分補給量を増やすことで尿酸値を下げる

アルカリ性飲料を飲む

もうひとつは、尿をアルカリ化することで尿酸値を下げる方法です。尿酸は、酸性に熔けにくくアルカリ性に熔けやすいという性質があります。尿をアルカリ性に近づけると、尿酸が尿に熔ける量が増え、より多くの尿酸を排出することができるため、尿酸値を下げる効果があります。

尿のpHは食べ物や飲み物の影響が強いので、何を食べるか・何を飲むかを工夫することで、尿をアルカリ化できます。ただし、アルカリ性に傾き過ぎると、カルシウム結石等の別のリスクが出てくるため、pH6.0〜7.0の間を目安にするとよいでしょう。

痛風に良い飲み物

痛風に良い飲み物として、下記のようなものがあげられます。反対に、アルコール飲料や、砂糖・果糖が沢山使われている清涼飲料は尿酸値を上げてしまうので、多量の摂取は控えるようにしましょう。

牛乳

牛乳は、アルカリ性飲料でプリン体も含んでいないため、痛風に良い飲み物としてよく紹介されています。実際、牛乳をよく飲む人は痛風に罹りにくいというアメリカの疫学研究報告もあります。

しかし、牛乳には乳脂肪や乳糖が含まれているため、1日に2ℓも飲むと肥満の原因となります。尿酸値の改善においても逆効果となりますので、多く飲み過ぎないよう注意しましょう。

尿のアルカリ化をする痛風に良い飲み物

アルカリイオン水

痛風に良い飲み物として、もう一つ代表的なアルカリ性飲料がアルカリイオン水です。

巷にアルカリイオン水がなかった頃は、重曹を水に溶かしたアルカリ性飲料を飲むことで痛風の予防に取り組む例も多かったそうです。医学的には解明されていない部分が多いものの、アルカリイオン水を飲むことで尿をアルカリ化し、利尿作用によって尿酸の排出量を増やすことができるといわれています。

アルカリイオン水の良い点は、余分な糖分や脂質が含まれていないため、水分摂取量を増やす際にも適しているところです。そのまま飲む以外に、お茶やコーヒーに使って飲むこともできます。

【アルカリイオン水】温泉水99

ただし、薬を服用する時は、アルカリイオン水ではなく普通の水を使いましょう。これは、アルカリイオン水に含まれる成分が、薬の作用に影響を与える可能性があるためです。

まとめ

今回は、アルカリ性飲料は尿酸値を下げる効果と、痛風に良い飲み物についてご紹介しました。

尿酸値を下げるためには、日々の水分摂取量を増やすことが大切になりますので、アルカリイオン水をボトルに入れて持ち歩くなどして、こまめに水分補給を行うようにするとよいでしょう。